Googleクチコミ評価

★★★★★

4.8

171

2024.06.19現在

Staff Blog

お役立ちコラム

セカンド洗面のススメ!コロナ禍を経た新たな生活様式


ようやく落ち着いてきた新型コロナウイルス。

感染予防対策としてこまめに「手洗い」をするようになった、という方も多いのではないでしょうか?

落ち着いてきたとはいえ、もはやインフルエンザと同様に長く付き合っていかなくてはいけませんね><

手洗いの大切さが再認識されています

感染予防対策として、もっともお手軽で効果も高いと推奨されているもののひとつに「手洗い」があります。

帰宅後にすぐ手洗いをするのが習慣になった…という方も多いですよね。

そして手洗いの大切さが再認識されたことで、注目が集まっているのが手洗い場、洗面所です。

リフォームの現場でも「洗面所のリフォーム」の問い合せやご依頼が激増しています。中でも「室内に2台目の洗面スペースを設ける」という新たなニーズが生まれています^^

帰宅時や調理の前後、食事前のこまめな手洗いのために

手を洗うための主な場所といえば洗面台やキッチンが一般的、そして洗面台は浴室の隣にある脱衣所に設けられているお家が多いかと思います。

日常的に使う化粧品や衛生用品などを洗面台に収納されていて、身支度を整えたり、歯を磨いたり…家族共有で使われているのではないでしょうか。

ところが、以前よりも手洗いの機会が増えたことで、”わざわざ”洗面所まで手を洗いに行くことが面倒に感じたり、家の中で過ごす時間が多くなったことで、”より”快適に暮らしたい!と思われる方が急増しているようです。

そんな方におススメなのが、メインの洗面台とは別に、2つ目の洗面台を設ける「セカンド洗面台」です!

セカンド洗面という選択肢

株式会社LIXIL

セカンド洗面台とは、主に洗面脱衣室以外の場所に設置する洗面のこと。

手洗いが普段過ごす時間の多いリビングなどにあれば、手を洗いに行きやすくなります。また、玄関近くの廊下などにあれば、お子さんも帰ってすぐの手洗いが習慣付くのではないでしょうか。

セカンド洗面のおススメ設置場所

玄関ルーム

一番設置を希望される方々が多いのは「玄関のそば」!!

帰宅して直ぐに手洗いできるので、新型コロナやインフルエンザが心配な方にピッタリです。

来客があった場合、一番初めに目に触れる場所でもあるので、デザインにもこだわりたいですね^^

手だけでなく、汚れた靴やアウトドア用品なども室内に入れることなくささっと洗えるのもメリットですね^^

2F廊下スペース

1階にメインの洗面所がある場合、2階の廊下にセカンド洗面台を新設するのはいかがでしょうか?

ご家族が大勢いらっしゃるご家庭など、朝の忙しい時間帯にストレスなくセカンド洗面台を使えますよ^^

2階での作業時やバルコニー部分のお掃除など、幅広い用途でしっかりと活躍してくれます。

通路を妨げないような場所、大きさを選ぶ必要がありますが、設置したい場所の広さに合わせて、手洗い器やカウンターなど選べるので、お気軽にご相談ください^^

リビング

意外に思うかもしれませんが、リビングにセカンド洗面を設置する方も増えております。

家族だけでなくお客さまにも気兼ねなく洗面を使ってもらえますね◎衛生面的にキッチンを調理以外で使われたくない!という方にも好評です^^

トイレ横スペース

トイレの中に手洗い器を設けるのではなく外に設置することで、セカンド洗面として使用することができます。

客室などの個室に

客室やそれぞれの個室でもちょっとした身支度ができるよう、セカンド洗面台を設けるのはいかがでしょうか?

個室に居ながらも手を洗ったりできる、まさに新しい生活スタイルですね。

カウンターは日常の作業スペースでも使うことができますし、工作や絵画など趣味で何かを制作されている方など、水をすぐに使えると作業が捗りますね。

縁側などのスペース

古い日本家屋の場合、縁側があるというお家は多いのではないでしょうか?

そろそろリフォーム…という方におススメしたいのが、縁側にセカンド洗面!

お子様やお孫さんがお庭で遊んだ後、すぐに手が洗えるとお家の中が汚れず安心です。

ガーデニングにも便利そうですね^^

セカンド洗面を設置する場合の注意点

スペースに注意

さて、いざセカンド洗面を設置しよう!と思っても、十分なスペースがあるかどうかが問題になります。

洗面台のタイプは様々ありますが、基本的なサイズとして奥行は40~60㎝、幅は規格サイズの75・90㎝がというのが多いです。設置するためにはその分のスペースが必要になります。

規格のものだと納まらない、という場合おススメなのがLIXILの「どこでも手洗」

手洗い器やカウンターなどお好みのアイテムを自由に組み合わせて、色んな場所にお気に入りの手洗空間をつくることができます。

▼LIXILの「どこでも手洗」についてはこちらもご参照下さい

https://www.lixil.co.jp/lineup/powderroom/dokodemo-tearai/

配管に注意

セカンド洗面台を設けるために、最も重要なのが配管のリフォームです。

玄関周りや廊下には配管を設けていないことが多く、近くの既存配管からセカンド洗面台まで配管を繋ぐ必要があります。

セカンド洗面をお考えの方は、まずはご相談ください!

セカンド洗面台のメリット

キッチン、お風呂、トイレ、洗面台…という水まわりの中で、実は最も利用をする回数の多い「洗面化粧台」

セカンド洗面があると色々な面で便利になります。

  • 玄関に設置すると、手洗いができウイルス対策になる
  • 忙しい時間帯でも、家族が分散して身支度ができる などなど

ただし、設置できるスペースがあるのか、配管は…?など分からないことがたくさんあると思います。

なので、まずはお気軽にワーキング・ビーまでご相談くださいね!


地域の皆様を最優先に「地域No.1」の工務店になる為に、スタッフ一同、誠心誠意頑張っております。
地元密着だからこそできるワンストップ対応。安さだけじゃないリフォームをお届けします。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□
ワーキング・ビー
フリーダイヤル:0120-70-1822

最新チラシ情報はこちら
□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

Contact

ちょっとしたご相談から見積り依頼も!
お気軽にお問い合わせください

お気軽にどうぞ!お急ぎの方はお電話ください!

0120-70-1822

[受付時間]
9:00-19:00
[定休日]
日曜・祝日