足場なんて必要ないんじゃない? 屋根塗装|戸建|足場について



足場必要 塗装工事の足場3.png





絶対に必要!!屋根塗装で足場が必要な3つの理由



塗装の工事で目にする足場

見積の際、足場代が意外と金額が高く「省きたい」と思われる方、「屋根塗装だけだったらはしごかけて終わりで足場なんて必要ないんじゃない?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

結論から先に述べますと、屋根塗装には足場が必要です。


屋根塗装.jpg


足場が必要な3つの理由

その1,近隣への配慮のため

塗装工事をする場合、必ず行う高圧洗浄という工程があります。高圧洗浄を行うことで、屋根についた汚れや劣化した塗膜などを綺麗にすることで、塗料が密着しやすくなるためです。

この高圧洗浄という工程の際には水を吹きかけて汚れを飛ばしていくため、汚れた水が周囲に飛び散ることになります。足場が立っている場合には、足場に飛散防止シートを貼り、隣の家に汚水が飛散することを防ぐことができます。しかし、足場がない場合、周囲に水が飛散してお隣様の建物へ汚れた水がかかってしまうなどの問題が生じるんです。

また高圧洗浄が終わって塗装の工程に入ると、丁寧に作業をしていても塗料が飛び散る可能性があり、近隣トラブルを避けるためにも、屋根塗装のみであっても足場を立て、飛散防止シートを貼ることが大切なんです。


その2,安全に施工するため

塗るという行為だけで考えると、はしごで上がってしまえばできそうだ!!と感じるかもしれません。しかし、塗装の際には塗料を屋根に持って上がる必要があるんです。

塗料缶は1缶20kg程度あり、非常に重たいものです。そんなものを持って屋根にはしごで登るとなると、バランスを崩し落ちてしまう可能性があります。

小分けにして塗料を持って上がるとしても、何度も上り下りする必要があり作業効率が悪くなり、工期が延びるかもしれません。また急勾配の屋根の場合は、足場がなければ足元が安定せず、非常に危険です!

足場があれば、もし足元を滑らせたりした場合でも掴むことができる場所があるため、大きな事故に繋がりにくくなります。

自宅の塗装工事で万が一にでも落下事故が起き、それが命を落とすような事故になってしまったら、せっかくお家を綺麗にしよう!と臨んだ塗装工事も台無しになります。

職人さんを守るためにも、また気持ちよく工事を終わらせるためにも足場は必要なのです。


その3,正確に施工するため

屋根は私たちが想像している以上に高く、足元が不安定な場所です。とくに劣化しコケが生えているスレート屋根は、一歩踏み出した瞬間にズルッと滑ることがあります。そのような危険な環境下で作業する職人も、いくら高所に慣れているとはいえ人間です。足元が不安定でいつ落ちるか分からないという状況では作業に集中することができず、正確に施工することが難しくなります。作業に集中することができないと塗りにムラが生じたり、メーカーが推奨している基準塗布量が守られていなかったりと施工不良が起きる可能性が高くなります。



外壁塗装 ※未完成_220509_159.jpg







地域の皆様を最優先に「地域No.1」の工務店になる為に、スタッフ一同、誠心誠意頑張っております。
地元密着だからこそできるワンストップ対応。安さだけじゃないリフォームをお届けします。まずはお気軽にお問い合わせ下さい!


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□
ワーキング・ビー
フリーダイヤル:0120-70-1822

最新チラシ情報はこちら 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事はこちら
□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□




ワーキング・ビーが八尾市の皆様に選ばれる理由とは?

リフォームメニュー 地域最安値に挑戦!

給湯器 地域最安値 Beeレスキュー
  • 住まいのあらゆるニーズに対応している総合リフォーム店です!
  • 外壁塗装
  • Beeクリーン
お悩み解決のためのお役立ち情報!
  • リフォームローン
  • 求人情報