Googleクチコミ評価

★★★★★

4.8

170

2024.05.08現在

Staff Blog

お役立ちコラム

マンションリフォーム出来ること出来ないことをご紹介!

マンションリフォームをする場合、リフォームできるのは専有部分のみとなります。
今回はどこからどこまでが専有部分なのか、共用部分なのかをご紹介します。

専有部分にあたるのはどこ?

マンションには「専有部分」と「共有部分」があります。
マンションの専有部分とは簡単に言うと、家の内部のこと。
個人でリフォーム出来るのは「専有部分」にあたる部分になります。
ただし一見専有部分かと思われる玄関ドアや、バルコニー、サッシなどは共有部分扱いになる為、個人でリフォームをすることができません。
また、専有部分でも制限がある場合がある箇所もあるので注意が必要です。
事前に管理規約も十分に確認しましょう。

マンションでもできるリフォーム

1,水廻りリフォーム

浴室やキッチン、トイレなどの水廻りリフォームは専有部分となるため自由にリフォームすることが可能です。
水廻りは生活をする上で使用頻度が高くリフォームをすることで古いマンションも随分暮らしやすくなるでしょう。

水廻り設備の移動は出来る?

マンションでキッチンや浴室、洗面、トイレなどの水廻りを移動することはできます。
ただし、管理規約によって水回りの移動自体を禁止していることもあります。
また、移動ができる場合でも、共用部分であるパイプスペース内の給排水管は動かすことができず床下の状態や高さによっては希望通りの位置に変えられない場合もあります。

2,内装リフォーム


内装リフォームは専有部分となるため自由にリフォームすることが可能です。
クロスやアクセントクロスを替えるだけでもかなり印象が変わり、古く黒ずんだ壁も一気に清潔感を出す事が出来ます。

間取り変更は出来る?

マンションの構造にはラーメン構造と壁式構造があります。
リフォームがしやすいのは梁や柱で建物を支えるラーメン構造。
壁式構造は住戸内の壁もコンクリートでできている部分もあり、取り払うことができないため、間取り変更がしづらいです。
間取り変更を伴うリフォームを検討する場合はリフォーム会社に相談しましょう。

床材の変更は出来る?

マンションによってはカーペットや畳からフローリングへの変更を禁止しているところもあるので確認が必要です。
また、防音対策として床材の遮音等級が指定されている場合がほとんどです。

電気工事

コンセントは増やせる?

マンションでもコンセントの増設は可能です。
コンセントが足りない状態でたこ足配線などを使用していると発火の恐れがある為必要に応じて増やすことをおすすめします。
設備の取替やクロス張替と同時に行うとコストも手間もコストも抑えられます。
ただし、マンションには使える電気容量の上限があるため管理会社に確認が必要です。

床暖房は設置できる?

床暖房も電気容量(又はガスの消費量)が大きいため、事前に管理組合に問い合わせましょう。
床をはがしての設置が難しい場合、既存の床の上から重ね張りするタイプの床暖房なら手間もコストも抑えられます。

チラシ情報


マンションリフォームの施工例はこちら

八尾市 T様 フルリフォーム


大阪市 Y様 フルリフォーム

東大阪市 I様

リフォームのことならワーキングビーへお任せください!

今回はマンションリフォームで出来ること・出来ない事についてご紹介しました。
マンションリフォームは、さまざまな制限や規定がありますが、方法によっては希望に添ったリフォームが可能です。
出来ないと諦めずまずはご相談ください。



地域の皆様を最優先に「地域No.1」の工務店になる為に、スタッフ一同、誠心誠意頑張っております。
地元密着だからこそできるワンストップ対応。安さだけじゃないリフォームをお届けします。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□
ワーキング・ビー
フリーダイヤル:0120-70-1822

最新チラシ情報はこちら
□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

Contact

ちょっとしたご相談から見積り依頼も!
お気軽にお問い合わせください

お気軽にどうぞ!お急ぎの方はお電話ください!

0120-70-1822

[受付時間]
9:00-19:00
[定休日]
日曜・祝日