Googleクチコミ評価

★★★★★

4.8

171

2024.06.19現在

Staff Blog

お役立ちコラム

アクリルと塗料のデメリットとは?




アクリル塗料はDIYに使用されることも多く、扱いやすい塗料といわれています。
安価であることが大きな魅力とされていますが、外壁に使用する場合はどのような点に注意が必要なのか。
アクリル塗料の特徴やメリットデメリットについてみていきましょう。


 

アクリル塗料の特徴とは?


アクリル塗料とは、アクリル樹脂を主成分とする塗料です。
ほかの塗料と比べて価格が安く、扱いやすいためDIYでも人気。
ただ、近年では新しい塗料が開発されるとともに、ほかの塗料の価格も下がってきたことにより、需要は少なくなってきています。

最大の魅力は、何と言っても価格の安さといえるでしょうか。
現在は内壁の塗装に使用されることが多く、外壁塗料としては主流ではありません。




アクリル塗料の耐用年数は?


耐久年数は3~8年と短いため、他の塗料と比べると頻繁に塗り替える必要があります。

費用だけを見ると安価だと言われるアクリル塗料はお得に思えますが、費用対効果が良くないのがわかります。

外壁のような外部では、外的刺激に負けない塗膜が求められる為耐久性の低い塗料であるアクリル塗料は外部に最適ではないということになりますね。




アクリル塗料(アクリル塗装)のメリット・デメリットは?

 

アクリル塗料のメリット

低価格・費用が安い

ウレタン塗料やシリコン塗料と比べると低価格!
比較的短期間で住宅の外観をリフレッシュし続ける予定の方であればアクリル塗装に向いているかもしれませんね。

カラーバリエーションが豊富・種類が豊富

色にこだわりたい方には魅力的

ツヤと発色がある

アクリル塗料は乾燥すると表面にツヤが生まれ、ハッキリとした色合いを好む方には、とてもオススメです。

扱いやすい

硬化不良を起こしにくく、DIYに適しているほど扱いやすい塗料なので、施工に手間がかからず、失敗する心配がほとんどないと言われています。


 




アクリル塗料のデメリット

 

劣化が早い、耐久性が低い

アクリル塗料の耐久年数は3~8年ほどで、5~10年のウレタン塗料、7~15年のシリコン塗料と比べると、最も短く、早く劣化してしまうのが最大のデメリット。

メンテナンスを頻繁に行わないといけなく、手間がかかってしまう。
外壁や屋根の塗り替え工事では足場代が15~20万円程度かかるため、アクリル塗料そのものが低価格であっても、頻繁に塗り替えるとかえって費用がかさんでしまいますね。

塗り替えの際に面倒

劣化しやすいので、はがれやすい塗膜といえるでしょう。
劣化部分を綺麗に取り除かないと、新規塗膜が旧塗膜に引っ張られてしまい精度が悪くなってしまう事があります。

紫外線に弱い

光沢が減り、色があせる、変色するといった劣化がおきると言われています。

ひび割れが起きやすい

アクリル塗料の塗膜は、ひび割れ(クラック)ができやすい。
建物に動きがある場合はすぐにひびが入ってしまいますので、オススメ出来ません。


 

 

 

 

アクリル塗料の代表的な


メーカー大手3社、日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研
大手3大メーカー以外のメーカーを押してくる場合もありますが、大手3大メーカー以外の塗料を選択する理由はないでしょう。アクリル塗装をされる場合は無名メーカーの塗料を採用するのではなく、安心して採用出来る大手3大メーカーがオススメ。

以下の製品が有名です。
アクリル塗装を検討する際に、参考にしてみてください。

日本ペイント

・ニッペ水性ケンエースグロス

旧塗膜への付着性が優れ、改修時にはシーラーレスでの塗装が可能、臭気配慮が必要な内・外壁面の新設・改修塗装、内部および準外部鉄部の塗装に主に使われる塗料です。

関西ペイント

・アレスアクアグロス

水性特優のタック性が少なく、手触りの良い、硬い塗膜で、臭気も少ない塗料です。

エスケー化研

・水性コンポアクリル

緻密な塗膜表面は、塵やほこりを寄せつけず、いつまでも美しい外観を維持でき、隠ぺいがよく、塗り継ぎもむらなく仕上がります。


アクリル塗装が向いている場合は?

とにかく費用を最低限に抑えたい場合

低価格の製品も多くあるため、施工費用を抑えられます。

ただし、耐用年数が短くなり、次のメンテナンス時に再度コストが発生します。
考え方が性能と合致する場合はオススメ出来る塗料といえるでしょう。
費用重視で素材を選ぶのは、短期的に資金が不足している場合だけにとどめることをオススメいたします。

「お客様が施工後に喜んでいただけるリフォーム」
「長期間、安心して過ごせるリフォーム」
をご提供する私たちは無機塗料やウレタン塗料をご提案しております。


 

 




まとめ

いかがでしたか?
安価で使いやすいメリットもありますが、外壁塗料としてほかの塗料と比較した場合、必ずしも最適な選択肢とはいえないことがわかります。

ワーキングビーでは「外壁塗装」を売るのではなく、「お客様が施工後に喜んでいただけるリフォーム」「長期間、安心して過ごせるリフォーム」をご提供しております。
大切なお家です!ここ治せないかな?気になるな!と思われたらぜひワーキングビーへご相談ください。

現地調査・見積は「無料」です!ご要望や既存の状態に合わせご説明をいたします!
ご相談のみでも結構です。お気軽にお問い合わせください。


>>リフォーム価格表


>>外壁塗装・サイディング工事リフォーム価格表


>>水まわり4点リフォームパック特設ページはこちら

 

>>水まわり4点リフォームパック特設ページはこちら

 



地域の皆様を最優先に「地域No.1」の工務店になる為に、スタッフ一同、誠心誠意頑張っております。
地元密着だからこそできるワンストップ対応。安さだけじゃないリフォームをお届けします。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□
ワーキング・ビー
フリーダイヤル:0120-70-1822

最新チラシ情報はこちら
□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

Contact

ちょっとしたご相談から見積り依頼も!
お気軽にお問い合わせください

お気軽にどうぞ!お急ぎの方はお電話ください!

0120-70-1822

[受付時間]
9:00-19:00
[定休日]
日曜・祝日